私は主人の仕事の転勤で築年数が30年以上もする賃貸で暮らしていました。家賃が安くて部屋が広かったです。

大学生の賃貸物件選び
大学生の賃貸物件選び

築30年以上の賃貸暮らし

賃貸に住み続けるか、分譲マンションを購入するか、一度は検討するかと思います。どっちが得なのかというのは永遠のテーマだと思います。それぞれメリット、デメリットがあります。まず賃貸のメリットですが、近所付き合いがどうしてもうまくいかなければ、引っ越す事ができます。万が一被災したとしても、引越しができます。

最大のメリットは引越しが可能という事です。デメリットとしてはやはり、毎月高額な金額を払うにも関わらず、自分の物にならないこと。そして、年を取ると簡単に引越しができないので、分譲にしておけばよかったと後悔する事です。

分譲のメリットとしては、購入するので、ローンが払い終われば、自分のものになるという事で安心感もあります。デメリットとしては引越しができない、ローンが払えなくなる可能性等です。最大のデメリットは被災し、住めなくなってもローンは残る為二重ローンに陥る可能性もあります。近年の気象はほんとにどこでなにが起こるのか予測が難しいです。家を建てたから、マンションを購入したからといって、安心できない時代になってきていると思います。それぞれのメリットとデメリットをよく検討してから行動に移すようにしましょう。

注目情報

Copyright (C)2018大学生の賃貸物件選び.All rights reserved.