賃貸物件を検討している際に、保留にしたい物件に対し申込金などを支払うケースがあり、その注意点について説明します

大学生の賃貸物件選び
大学生の賃貸物件選び

賃貸物件の手付金や申込金について

賃貸物件から賃貸物件への引越しをする時には、退居のための費用が必要になる時があります。例えば、敷金は、借りていた住まいに大きな破損や損傷がなければ、全額返金されます。時の経過による傷み具合は、こちらが支払う必要もありません。けれど、借主の過失で修繕された場合は、その分が差し引かれます。また、退居を事前に伝えておかないと、契約の解除が遅れて、転居後も家賃を支払い続けなくてはならないということも起きたりします。賃貸から賃貸の移動の場合は、ひと月から3ヶ月前に、いつごろに退居するかを家主に伝えることは大事なことです。又、移転する先にいつから入居できるかの目途が立ちにくい新築同時入居の場合などは、いつまで借りておくべきかという点でも、仲介している不動産会社に助言をもらっておいた方が、無難です。

引越しにより引き払ってこそ退居となるのですから、新しい物件に荷物を移せる状況になっていなければ、その分借り続けておかなければなりません。慌てて、ウイークリーマンションを借りたり、貸倉庫を契約しなければならないことになり、費用が高くついたりもします。賃貸物件への引越しについて、必要な知識を得て、見通しをたてた準備と計画ができるようにしておきましょう。

注目情報

Copyright (C)2018大学生の賃貸物件選び.All rights reserved.