賃貸物件をインターネット探すときには検索機能を最大限に活用して最新の情報を知ると言うことが大事です。

大学生の賃貸物件選び
大学生の賃貸物件選び

インターネットを活用した賃貸物件の検索

賃貸物件を検討する際に、有望な物件が見つかって、家族と相談する時間が必要だが他の人に契約されては困るといった状況になることは多々あります。この際に、物件を仮押さえするために手付金や申込金を要求される場合があります。手付金とは不動産売買の契約において、代金の一部として受け渡しをされるお金であり、基本的には賃貸の場合でも、契約成立後に支払うものとされています。申込金に関しては、預かり金とも呼ばれ、借りたい部屋をある期間確実に押さえておきたいために契約前に支払うお金とされています。

トラブルになる事例としては、申込金を支払ったのにも関わらず、最終的に契約に至らなかった場合に返金されないというケースが最も多いです。本来は申込金は預かり金であり、契約の成立、不成立に関わらず返金されるものです。物件を仮押さえしたい場合には、申込金を預ける際に、不動産会社から預かり証を確実に発行してもらうことが、トラブル回避のために必要となります。注意点として、領収証ではないという点であり、領収と明記されてしまえば不動産会社に支払ったとされる恐れがあるので、しっかりと預かり証として確保しておくことです。

このように賃貸物件を仮押さえしたい時には申込金をいったん預けるという行為が有効ですが、預けるということをお互いが確認できるよう預かり証を確実に発行してもらうことを心がけましょう。

注目情報

Copyright (C)2018大学生の賃貸物件選び.All rights reserved.