転勤などで数年にわたり自宅を留守にする際は、空き家とするよりも賃貸に出したほうが収入と保全にメリットがある。

大学生の賃貸物件選び
大学生の賃貸物件選び

数年限定で自宅を賃貸に出す

賃貸というとUR都市機構のものがあります。都市公団から受け継いだ賃貸住宅に都市再生機構の略称のURを頭につけた賃貸住宅のことを指します。特徴としては緑豊かな環境の中で人と人とがふれあい、その中で生き生きと生活でき、ゆったりとした広さのある部屋で過ごすことができる賃貸住宅です。

メリットとしては一般の賃貸に入居したい場合には初めに敷金や礼金、前家賃や仲介手数料、保証人などが必要になるのですが、UR賃貸の場合には敷金2ヶ月分と日割りの家賃、それに共益費だけであとの費用はかかりません。さらにキャンペーン期間においては敷金の負担がさらに軽くなるとされ、その浮いた費用分が引越し費用や入居後の電化製品やインテリアの購入に回せるという面があります。

その上2年ごとの更新料や保証人を立てることは不要で自動更新となりますので長く住むにはお得です。退去時によく問題となる原状回復義務については負担の区分が明確に明示されており、通常の損耗部分についてはその復旧費用はUR都市機構が負担するようにうなっています。ネットから部屋探しができ、申し込みにおいては抽選なしの先着順となっていて単身者からファミリーまで間取りプランはバラエティに富んでいます。
Copyright (C)2018大学生の賃貸物件選び.All rights reserved.