賃貸物件の駅から徒歩でかかる時間の表記は、80mにつき一分かかる計算であるので、実際より多く時間がかかります。

大学生の賃貸物件選び
大学生の賃貸物件選び

賃貸物件の立地条件の駅からかかる時間の表記に注意

せっかく自分の家を持ったのに、会社から言われてしまった突然の転勤。単身赴任もできることはできるけど、やっぱり家族は一緒に暮らしたい・・・。子供は転校することにして、奥さんのパートはひとまず辞めて、数年間は家族みんなで別転地でがんばろう。そう考えたとしたら・・・ちょっと待った。今の家、どうする?

会社の命で転勤することになり、戻ってくるのは数年後。逆に考えると数年先には戻ってくる可能性が高い場合には、所有する不動産を売却するのも勇気がいりますよね。下手をしたら買った価格よりも値下がりしている場合もあり、不動産売却タイミングは慎重に見極めたいものです。

そんな時は直ちに売却するのではなく、不動産を数年間の期間限定で賃貸に出すことも考えましょう。家は住む人がいないとたちまち荒れてしまいますので、不動産の価値を維持するためにも、賃貸で住んでもらうのは有益な手段です。それに、空き家のままだったら住宅ローンが落ちていくだけなのが、思わぬ副収入を得ることにもなって一石二鳥ですね。期間限定としておけば、いつか自宅に戻ることになった時のタイミングをはかることもできます。転勤の期間などを予めシミュレーションしておき、賃貸の年数をよく不動産屋さんと相談しておきましょう。
Copyright (C)2018大学生の賃貸物件選び.All rights reserved.