賃貸物件でのペットに関するトラブルは、内緒で飼育していた場合だけではなく、借主の認識が甘い場合があります。

大学生の賃貸物件選び
大学生の賃貸物件選び

ペットを飼えない賃貸物件で起こりうるトラブル

賃貸物件を探す際には、必要な条件と妥協してもいいことを設定して、条件に合った物件を複数ピックアップしてもらいます。つまり、共通点が多くて違いがあまり見られない物件の中から住む物件を選びます。そんな時にはどういったことに重点を置いて選べばいいのかわからず、必要以上に時間がかかってしまいます。

似ている物件の中から決め手となる部分を見つけます。例えばインターネット回線が無料であり、それだけ家賃が高くなっている訳ではない物件です。つまり、他の物件には無いプラスアルファの項目があればその物件に決めます。押入れやウォークインクローゼットが設備として備え付けられている場合も同じことが言えます。駐車場の価格が少しだけ安いということでも決められます。ポイントは少しでも家賃以上の価値がある物件を選ぶということです。人気の物件はそういった物件であり、4月以降の閑散期に探しても既に満室であることがほとんどです。必ず、1月から3月の物件の数が多い時期に探すことが大切です。また、住民の質を見て決めるのも大切です。トラブルに巻き込まれることになれば、快適な暮らしを邪魔されることになります。出来るだけ質の良い住民が住む物件を選ぶことが大切です。
Copyright (C)2018大学生の賃貸物件選び.All rights reserved.