賃貸の物件をたくさん持つことは、自分が将来で困らないようにする方法を計画するときに役だってくれる

大学生の賃貸物件選び
大学生の賃貸物件選び

賃貸物件を持つことについて

賃貸にはいろいろと方法があり、マンションは昔かりてそのまま購入したものがありましたが、若いころは収入もそんなに入らず、借りるしか方法がなく、一人暮らしはなかなか思うように進みませんでしたら、親がお金を出してくれて、借りる一方から買い手がついたことで、借りた物件を買って、自分の持家としてそのマンションを購入し、さらに隣人も引っ越したので、その隣人のものも買う余裕が親にできて、収入の面から2つのマンションの部屋の持ち主になりました。その後は、マンションの部屋は親が死んだら子供のになるのが、その前に親がなくなる前にマンションの部屋を新たに貸すといった方法でい一つの収入源を得ることができました。

賃貸を安く借りれば自分のキャパシティをこえれば出ていったり物品を手放したりしなければならない羽目になりますが、自分のキャパシティ内でやれるなら、気に入ったら、その物件を買い取るといった方法で自分のものにすることができます。そして私はマンションの部屋を3個持っていますが、そのうち一つはかりていた部屋ををのまま親が収入を得ていて、買い取るといった方法で手に入れた部屋でした。そして、賃貸物件をたくさん持つことは不動産を積み立てで料金を積み立てていったり、いろいろ物件を以って他人に貸すと言った方法で生計を立てたりしたときお金をたくさん手に入れ、将来困らないようにする方法を計画するうえでいい財産でしょう。

注目情報

Copyright (C)2018大学生の賃貸物件選び.All rights reserved.