賃貸のスペースを借りて、外国人の児童のために補助教育の教室を開きました。人のために仕事ができて嬉しいです。

大学生の賃貸物件選び
大学生の賃貸物件選び

賃貸のスペースで外国人児童のための教室を開業をしました。

私は最近自分で会社を開きました。会社とはいっても塾のようなもので、外国人の児童に対して学校の補助教育を行う教室を開いています。児童たちは言葉に不自由をしているために、学校の授業が理解できないことが多いので私たちスタッフが各教科を彼等の母語を話しながら説明をします。私たちのスタッフは語学が堪能な人ばかりが集まっています。そのスタッフは私が以前、国際交流関係の仕事をしていた時に知り合った人達です。その人達は児童の教育にとても関心を持っている人ばかりです。中には教員の免許を持っている人もいます。補助教育の時間は週に3日間ですが、熱心に通う児童が多く、教室はいつも賑やかです。

教室の場所は自分の住んでいる自宅マンションにしようと思いましたが、仕事とプライベートの切り替えができないのではないかと思い、賃貸のオフィス用のスペースを借りることにしました。現在は20人程の児童が通っていますが、広さにはとても余裕があります。以前仕事をしていた、国際交流関係の会社も協力をしてくれて、私の教室を外国から来た児童の親に紹介してくれています。私は誰かのために仕事ができることにとても嬉しく思います。これからも続けてより良い教育ができるように仕事をしていきたいです。

注目情報

  • アクセス至便な高槻市の葬儀会場は、ライフガーデン たかつきホール。
Copyright (C)2018大学生の賃貸物件選び.All rights reserved.