賃貸物件の契約が成立したときに必要な前家賃と日割り家賃とはどのようなものかと日割り家賃の計算方法について

大学生の賃貸物件選び
大学生の賃貸物件選び

賃貸物件の契約時に必要な前家賃と日割り家賃について

賃貸物件を契約する際には、家賃意外にも様々な諸経費がかかります。これらの費用には値段交渉の余地がありますので、具体的な交渉方法について把握しておきましょう。賃貸物件を契約する際に、契約する相手方は大家さんですが、契約の際に仲介となる不動産会社がいる場合は仲介手数料を支払う必要があります。しかし自社管理物件ですと、大家が不動産会社になるため、仲介という行為には当たらないため、仲介手数料が不要になります。物件の対象には自社管理物件を中心に探すことをお勧めします。

また、家賃以外に諸経費として、一般的に敷金や礼金を支払う必要があります。礼金に関しては家を貸してくれるためのお礼の意味が強いので、礼金の値段交渉は比較的しやすい対象となります。思い切って0円にしてもらう要望も可能ですし、礼金分を敷金として支払うという提案も有効です。敷金として支払うと退去時にはトラブルがなければ返ってくるためです。また毎月の家賃に関しても値段交渉は可能ですので、大家さん側として入居者を集めたいので、応じてくれる可能性は高いです。

最後に、賃貸物件を契約後、入居前に引越しをする必要があります。この費用は一年の中でも11月が最も安く、また自力で荷物を運び、引越し業者しか扱えないような荷物だけにしておくと、費用を削減できますので、参考にしましょう。

注目情報

Copyright (C)2018大学生の賃貸物件選び.All rights reserved.