賃貸物件を借りるときに不動産会社に支払う仲介手数料とはどのようなものなのかと減額交渉はするべきなのかについて

大学生の賃貸物件選び
大学生の賃貸物件選び

賃貸物件を借りるときに必要な仲介手数料について

アパートやマンションなどの賃貸物件の契約をするときの必要な費用に前家賃と日割り家賃というものがあります。この前家賃と日割り家賃ですが、フリーレント物件という一定期間分の家賃を無料にしてくれるシステムの物件であれば支払う必要が無いこともありますが今回は普通のシステムの賃貸物件の場合ということで説明していきます。まず前家賃ですがその物件を契約した次の月の家賃を契約がなされたときに支払っておくことで、9月15日に賃貸の契約をした場合は10月の家賃を前もって支払っておくことを前家賃といいます。

日割り家賃については賃貸物件の契約がなされたその月の家賃を残りの日数分を計算して支払うことを日割り家賃といいます。例えば毎月の家賃が80000円の物件の場合で賃貸の契約を9月15日して16日から入居するとしたらその月の残りの日数は15日になるので80000円を30で割りそれに15を掛けた39990円となりますので日割り家賃として支払う金額は39990円ということになります。このように賃貸物件は基本的に前払い制度になっており4月に支払っている家賃は実は次の月の5月の分の家賃を支払っているということなので物件を退去するときには残りの日数分の日割り家賃を返してもらえることになります。
Copyright (C)2018大学生の賃貸物件選び.All rights reserved.