ひとり暮らしをするのに不安があれば、まずその不安を取り除くべきです。家族のサポートが届く賃貸物件が良いです。

大学生の賃貸物件選び
大学生の賃貸物件選び

ひとり暮らしの賃貸物件を決める時は、家族と良く相談してから。

アパートやマンションを借りるために不動産会社などに賃貸物件の仲介をお願いしたときに必要になる費用が仲介手数料です。仲介手数料というものは家主が所有する物件を不動産会社が仲介してくれたことに対する報酬でその費用は一般的に家賃の1か月分の場合がほとんどです。これにはわけがあり法律上の決まりで家賃の1か月分以上の仲介手数料を請求することが禁止されているからです。この1か月分の仲介手数料は必ずしも入居者がすべてを支払う必要は無く入居者と家主で半分ずつ支払うなどの方法もあります。

この仲介手数料は不動産会社にとってとても大切な収入源となっており、賃貸物件の交渉などのときに仲介手数料を減額してほしいなどと注文を付けても不動産業者にはあまりいい顔をされない上にまず要求は通らないので注意して下さい。賃貸物件の交渉の時には仲介手数料よりも不動産業者に直接の痛手にならない礼金や家賃そのものの減額の交渉のほうがうまくいく可能性は高いはずです。しかし不動産会社の競争が激しい地域などでは最初から仲介手数料が0.5ヶ月分などになっているところもあります。ただし他の業者のこともあるのであまり大々的にそのことを宣伝している不動産会社は少ないのでホームページなどで確認したり直接不動産会社の営業マンに確かめてみたりして下さい。
Copyright (C)2018大学生の賃貸物件選び.All rights reserved.